ABOUT

GYREについて
GYREには、「渦」という意味があります。渦状の建築はエネルギーを発生させる地場であり、運動体です。GYREは、「SHOP & THINK」というコンセプトを揚げて、この「渦」から様々なインスピレーションを発信します。ここが新しい発想を生み、影響力をもつ場になるように。GYREはあなたとつながり、世界とつながりたいと思っています。 GYREには、「渦」という意味があります。渦状の建築はエネルギーを発生させる地場であり、運動体です。GYREは、「SHOP & THINK」というコンセプトを揚げて、この「渦」から様々なインスピレーションを発信します。ここが新しい発想を生み、影響力をもつ場になるように。GYREはあなたとつながり、世界とつながりたいと思っています。

オランダの建築家グループ、MVRDVのデザインによる建築は、まるで5つの箱のようなフロアが層状に積み重なり、渦状にねじれています。このつくりにはGYREのディテールが集約されています。

その形状は、意志を持った生命体のような、動きにあふれたにぎやかで有機的なイメージを与えます。静止しているのではない、動いている、動こうとしている印象は、人を引きつける磁力を持っています。

MVRDV ウィニー・マース、ヤコブ・ファン・ライス、ナタリー・デ・フリースの三人によって1991年に設立。建築、都市計画、ランドスケープデザインなどの分野でデザインワークを手がける。

エントランスに緑を設えたのは、アーティストであり、植物学者であるパトリック・ブラン氏。ソリッドな形を包み込む生き生きとした緑の彫刻が、地下へ続くGYRE(=渦状)の階段周辺に緩やかな境界を生み出します。

見慣れない植物も含め50種類以上、色・形・テクスチャーを重視しました。植物に感じる驚きや心地よさは、植物への新しいビジョンをもたらしてくれるはずです。

パトリック・ブラン 1953年 フランス・パリ生まれ。10代の頃、植物が育つ環境条件に興味をもったことから「垂直庭園」のアイデアを思いつく。長期にわたって共生可能な仕組みをもつ作品には、植物学者としての研究が活かされている。

事業者
運営管理