『超複製技術時代の芸術:NFTはアートの何を変えるのか?——分有、アウラ、超国家的権力——』 展

ダミアン・ハースト、
ラファエル・ローザンダール〜等
NFTはアートの何を変えるのか

世界を圧巻するNFTムーブメント

2021年3月、アメリカの競売会社クリスティーズが主催するアートオークションで、インターネット上の1枚の画像が75億円で落札された。デジタルアート史上最高額にして、現代アート現存の歴代作家第3位を記録した事件を2200万人がオンライン上で目撃し、世界を席巻するNFTブームが到来した。NFTとは何か。その可能性については当事者たちも含めて未知数にもかかわらず、NFTは未来を試す試金石のようなものとして従来の芸術を信じてきた人々の心を揺さぶっている。
  • チームラボ Matter is Void 2022 courtesy of the artist
  • Damien Hirst The Currency 2021 courtesy of the artist
  • Rafaël Rozendaal Center 2022 courtesy of the artist
  • 森万里子 NFT/Eternal Mass 2022 courtesy of the artist

NFTとは何か

NFTは「non-fungible token」の頭文字をとったもので、デジタルデータを、オンライン上の完全に独立した固有の価値がある資産として流通させるものであり、ブロックチェーン技術によるデジタルな「オリジナル」の証明システムである。現在、この改変不可能な暗号技術は、オンライン上にあるあらゆる非物質的な情報に所有権を付与し資産化するものとして活用・認知されるようになっているが、その起源のひとつは、2014年5月にニューヨークの芸術家ジェニファー&ケヴィン・マッコイが生み出した作品「Quantum」に遡る。それは投機のためではなく、誕生、死、そして再生を表現するための抽象的な芸術作品のコードとしてNFTが生まれたことを意味する。アーティストが「monetized graphics(収益化された画像)」と呼んだ芸術の実験的な意図を超えて、デジタルな複製物に物理空間の特権であった「唯一性」が人工的に与えられ、web2.0が創り出してきたインターネット上の有象無象の公共財はグローバル資本主義の市場へ一挙に変貌したが、本展ではその実験性へ立ち還ることを試みる。

NFTがアートに与える影響

20世紀を代表する哲学者のひとりであるヴァルター・ベンヤミンは、複製技術が普及する近代以前の時代を考察し、複製不可能な芸術が持っていた「いま、ここにしかない」という「1回性」や「礼拝的価値」を「アウラ」と呼び、映画や写真が芸術の「1回性」を喪失させ、芸術そのものが世俗化していくことを肯定した。しかし、NFTの登場は、複製技術が「1回性」をもつという状況を生み出し、ベンヤミンが20世紀の芸術の命題として提示した「アウラ」の問題を根幹から更新しようとしている。
  • Lu Yang DOKU Heaven 2022 courtesy of the artist
  • Lu Yang DOKU Hell 2022 courtesy of the artist

芸術の歴史からNFTを考察する展覧会

この展覧会では、NFT(偽造・改竄不可能なデジタル証明書)を用いた芸術的実験に焦点を当て、「分有」「シミュラクラのアウラ」「超国家的権力」という3章構成で紹介する。それぞれの主題は、「所有・契約」、「制作」、「展示」という作品の前提条件とも呼応し、20世紀の美術史に連なるもの(特にコンセプチュアルアートの論理的帰結)として2014年以降の約10年間に制作されたNFTアートを位置付ける。20年代の始まりに起きた空前のNFTアートバブルは、仮想通貨の盛り上がりとともに瞬間的な暴騰の後、あっという間に崩壊した。しかし、NFTは芸術を投機的な金融商品に変えるものに過ぎないのだろうか?あるいは、既存の社会や芸術のルールを破壊し、表現の解放をもたらし、新たな歴史を描き出すものになり得るのだろうか?オンラインとオフラインで展開されるこの展覧会と関連出版物は、NFTが生み出す新しい意味と価値のシステムについての問題を提起し、未曾有の情報環境において現代のアーティストが果たす役割を検証・再定義し、私たちの生活の現実と、そこから形作られる精神と文化に、仮想空間が及ぼす影響について模索する。
本展企画者 高橋洋介
(decontext)
本展監修者 飯田高誉
(スクールデレック芸術社会学研究所所長)
高尾俊介 Generativemasks 2021 courtesy of the artist
ダミアン・ハースト
アーティスト。1965年ブリストル(英国)生まれ、ロンドン、デヴォン(英国)在住。1988年、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ在学中世界的コレクターであるチャールズ・サーチの支援を受けて、英国現代美術に旋風を巻き起こし、世界的にその存在を認知させたYBA現象の中心的存在。1995年、ターナー賞受賞。2017年、ヴェネチア・ビエンナーレに合わせて世界的大富豪フランシス・ピノーが所有するグラッシ宮殿にて、70億円の私財を投じて個展「Treasures From the Wreck of the Unbelievable」 を開催、 330 億円以上を売り上げ、話題となった。 近年の主な個展に「桜」(カルティエ現代美術財団、パリ、 2021 /国立新美術館、東京、2022)、「ダミアン・ハースト」(テートモダン、ロンドン、2012)など。
Damien Hirst with works from
"The Currency." Courtesy of the artist.
ラファエル・ローゼンダール
インターネット・アートの代表的作家。1980年オランダ生まれ/ニューヨーク在住。シンプルな造形と動き、象徴的な色彩、遊び心に満ちたプログラム映像とインストラクションをウェブ上で発表し、それらを用いたインスタレーションや、絵画、タペストリー作品などを現実の展示空間でも展開してきた。近年の主な展覧会にホイットニー美術館(ニューヨーク)、ポンピドゥ・センター(パリ)、ドルトレヒト美術館(ドルトレヒト)、クンストハル美術館(ロッテルダム)、ステデリック・ミュージアム(アムステルダム)、アーマンド・ハマー美術館(ロサンゼルス)がある。日本との関わりも深く、2009年にAITレジデンシープログラム参加を皮切りに、Takuro Someya Contemporary Artで2010年から5回の個展、茨城県北芸術祭(2016)、そして2018年に十和田市現代美術館(青森)で初の美術館個展「GENEROSITY 寛容さの美学」を開催。今年4月にドイツを代表するフォルクヴァンク美術館(エッセン)で個展を控えている。著書には『Home Alone』(Three Star Books )、『Everything, Always, Everywhere』(Valiz)がある。
Rafaël Rozendaal Photo 細倉真弓
ルー・ヤン
アーティスト。上海生まれ。上海/東京を拠点に活動。宗教、哲学、神経科学、心理学や現代のテクノロジーを領域横断的に融合させ、幻想的で、しばしば痛々しくショッキングなイメージを作り出している。その芸術実践の成果は、ゲーム・エンジン、3Dアニメーション、ヴィデオ・ゲームのインスタレ ーション、ホログラム、モーション・キャプチャー・パフォーマンスなど多岐にわたる。クンストパレス・エアランゲン(エアランゲン、ドイツ、2022年)、スパイラルガーデン(東京、2018年)、Mウッズ美術館(北京、2017-2018年)などで個展を開催。近年の大規模なテーマ展に、アジア・ソサエティ・トライアニュアル(ニューヨーク、2021年)、第59回ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア、2022年)。BMWアート・ジャーニー(2019年)、ドイツ銀行の「今年の芸術家」(2022年)に選ばれている。
ロバート・アリス
ロンドンを拠点とするアーティスト。web3や人工知能に独自の芸術表現を探求した作品で世界的に知られる。ロンドン、香港、バンクーバーなどを横断して国際的に活動。世界的なアートオークション「サザビーズ」とNFTアートに特化したオークション「ネイティブリー・デジタル」を共同企画。同オークションでは、アリスがブロックチェーンを主題に3年の歳月をかけて制作した作品「Portraits of a Mind」が約1400万円で落札されて話題となった。
レア・メイヤース
アーティスト/ハッカー。1973年、イギリス生まれ。ブロックチェーンの領域を牽引する世界的企業のひとつ「Dapper Labs」スマートコントラクト部門シニア開発者。現在、カナダのバンクーバーを拠点に活動。カンタベリー芸術大学を卒業後、ミドルセックス大学電子芸術センターでジェネレーティブアート、3D印刷などを学ぶ。2013年にバンクーバーに移住後、ブロックチェーンの文化、思想、技術を主題に作品制作を開始。2014年、イーサリアムのスマートコントラクトを媒体にした「This Contract is Art」を発表、ブロックチェーン技術を芸術のための道具として採用した最も早いアーティストのひとりとして知られる。2021年、コードによって記述された不可視の作品「隠された芸術」(2018)がサザビーズでおよそ1,000万円で落札されたことでも話題となった。
Rhea Myers, 2021 Portrait by Kristy Powers
高尾俊介(Generativemasks)
メディアアーティスト。1981年、熊本県生まれ。2004年、筑波大学第二学群比較文化学類比較・現代文化主専攻卒業。2008年、情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科修了。2021年、日本発ジェネラティブアートのNFTコレクション「Generativemasks」をローンチし、945ETH(約3億円)にて二次流通で取引されたことで国内トップクラスのNFTプロジェクトとして認知された。主な個展に、「Tiny Sketches」(NEORT++,東京、2022年)など。近年の主なグループ展に「Magical Realism: Part I」(Verse、ロンドン、2022)、「デジタル骨董展 ーこれからの価値と所有を考える」(BE AT STUDIO HARAJUKU、東京、2022)、「Crypto Art Week Asia Tokyo」(六本木DMM麻布サテライト、東京、2022)、「仮想四畳半」(WA MACCHA 京都祇園、京都、2022)、「ART IN METAVERSE」(Under Stand Avenue、ソウル、2022)など。主な受賞に「Pen クリエイター・アワード2022」審査員特別賞受賞(審査員 真鍋大度)など。
チームラボ
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。主な収蔵先に、ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)など。
ソル・ルウィット
アーティスト。1928年アメリカ・コネティカット州生まれ、2007年没。シラキュース大学を卒業し、ニューヨークのスクール・オブ・ヴィジュアル・アーツで美術を学ぶ。66年より、立方体の基本構造をシステマティックに視覚化した「シリアル・プロジェクト」シリーズを制作。翌年、『アートフォーラム』誌にてエッセイ「コンセプチュアル・アートに関する断章(パラグラフ)」を、69年には『アート&ランゲージ』誌にて「コンセプチュアル・アートのセンテンス」を発表。芸術のもっとも重要な要素は概念であって、作品制作に伴う計画・方法・実行は形式的なものにすぎないという宣言する。68年頃より、自らが関与することなく指示書によって第三者に制作を委ね、決まった長さの線を放射状に描く「ウォール・ドローイング」シリーズを展開。その作品は、コンセプチュアルアートやミニマルアートの先駆として、ニューヨーク近代美術館、テート美術館、サンフランシスコ近代美術館、東京国立近代美術館など世界中の美術館に収蔵されている。
courtesy of Montenmedio Contemporary Foundation
セス・ジーゲローブ
キュレーター。1941年ニューヨーク生まれ、2013年バーゼル没。特に68年から70年にかけて、ローレンス・ウェイナー、ジョセフ・コスース、ロバート・バリー、ダグラス・ヒューブラーなどと共にコンセプチュアルアートの運動を積極的に推進。完全な「紙上の展覧会」として開催されたゼロックス・ブックをはじめ、革新的なプロジェクト、シンポジウム、展覧会などを企画。その後、パリへ移住し、IMMRC(International Mass Media Research Center)の設立に関わる。2011年、自身の持つ初期の重要なコンセプチュアルアートの作品を含む膨大な資料をニューヨーク近代美術館に寄贈。2015年、アムステルダム市立美術館にてその業績を回顧する「セス・ジーゲローブ:コンセプチュアル・アートを超えて」展が開催された。
courtesy of MISTER MOTLEY
森万里子
アーティスト。1967年、東京生まれ。主な受賞に、1997年、ヴェネチア・ビエンナーレ優秀賞、2001年第8回日本現代藝術奨励賞、2014年ロンドン芸術大学より名誉フェロー授与など。主な個展に「ピュアランド」(東京都現代美術館、2002年)、「 Oneness」 (グローニンガー美術館、 オランダ/アロス・オーフス美術館、 デンマーク/ ピンチュック・アート・センター、 キエフ、ウクライナ)。 その他、ロンドンのロイヤルアカデミー・オブ・アーツ、ポンピドゥーセンター(パリ)、プラダ財団(ミラノ)、 シカゴ現代美術館、ブルックリン美術館(ニューヨーク)などで多数開催。「Oneness」 展は入場者数50万人を記録し、当年の展覧会入場者数で世界1位となった。主な所蔵先に、サンフランシスコ近代美術館、ニューヨーク近代美術館、グッゲンハイム美術館、ポンピドゥセンター、公益財団法人福武財団など。
courtesy of Time Out
藤幡正樹
メディアアーティスト。1956年東京生まれ。
東京藝術大学大学院映像研究科教授/ カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授。 非常に特異な哲学と、ユーモアに溢れた作品やプロジェクトは、国内・海外で高い評価を得ている。1996年の「Global Interior Project #2」で、アルスエレクトロニカ・フェスティバルにてゴールデンニカ(最優秀賞)を受賞。2009年、「Simultaneous Echoes」で芸術選奨を受賞。2013年「 Voices ofAliveness」 で優秀賞をアルスエレクトロニカで再び受賞。2016年、紫綬褒章受章など。
courtesy of Biz/Zine 写真:和久田 知博
施井泰平
美術家、起業家。2014年、東京大学大学院在学中にスタートバーン株式会社を起業し、アート作品の信頼性担保と価値継承を支えるインフラを提供。事業の中心である「Startrail」は、イーサリアム財団から公共性を評価されグラントを受ける。東方文化支援財団理事、一般社団法人Open Art Consortium理事を現任。東京藝術大学非常勤講師、経済産業省「アートと経済社会を考える研究会」委員などを歴任。作家として、個展やグループ展の実施をはじめ、「富士山展」(2017~2020年)、「SIZELESS TWIN」(2022年)、「ムーンアートナイト下北沢」(2022年)などの展示を企画。主な著書に平凡社新書『新しいアートのかたち NFTアートは何を変えるか』などがある。
鎌谷徹太郎
1979 大阪生まれ。 2007年、慶応義塾大学入学。東京を拠点に活動。 現在は香港、台湾、シンガポール、ニューヨークなど世界各地で作品を発表し、数々の国際アートフェアや個展で注目を集める。 海外で活動するにあたり ヨーロッパクリスティーズオークションの会長も勤め、美術史家でもあるハプスブルク大公ゲーザ氏とも親交が深く、ニューヨークでの活動支援を受けている。主な個展に Proliferation」(Pellas Gallery ボストン、2021)「Human Paradise-Portrait」(Gallery Cellar 東京, 2016)、「Human Paradise TOKOYO」 (Art Stage Singapore シンガポール、 2011)など。
飯田高誉
1956年東京生まれ。 京都造形芸術大学国際藝術研究センター所長、慶應義塾大学グローバルセキュリティ講座の講師などを務め、 青森県立美術館美術統括監、森美術館理事を経て、スクールデレック芸術社会学研究所所長。東京大学総合研究博物館小石川分館にて現代美術シリーズ(マーク・ダイオン、杉本博司、森万里子展)を連続企画。 カルティエ現代美術財団(パリ)にてゲスト・キュレーション(杉本博司展、 横尾忠則展)。「戦争と芸術美の恐怖と幻影!~IV」 展( 京都造形芸術大学)シリーズ企画。コムデギャルソンの川久保玲の依頼により、アートスペース"Six" にて連続企画(草間彌生/ 横尾忠則/デヴィッド・リンチ/森山大道/宮島達男/ 中平卓馬など)。 第二回 「堂島リバービエンナーレ: エコソフィア」展のアーティスティック・ディレクターを務める。 主な著作に「 戦争と芸術美の恐怖と幻影(」立東舎、2016)、「文明と野蛮のアーカイヴ」(新曜社、2020)、共著に「アートと社会」(竹中平蔵 南條史生編著 / 東京書籍、2016)、「 エッジ・オブ・リバーズ・エッジ-〈岡崎京子〉を捜す」( 新曜社編集部編 2018)、「パブリック・ヒストリー入門- 開かれた歴史学への挑戦」(菅豊・北條勝貴編/ 勉誠出版、 2019)など。
高橋洋介
1985年東京出身。キュレーター。金沢21世紀美術館キュレーター(2014–2021年)、角川武蔵野ミュージアムキュレーター(2021–2022年)を経て独立。最新の展覧会に、アメリカとニカラグアを拠点にリゾート、銀行、医療などの事業を十数カ国にわたり経営する貴族「ペラス家」のアルフレッド・ペラス4世のギャラリーにて「Liminalism」展(pellas gallery、ボストン、2023/02–04)など。金沢21世紀美術館での主な展覧会に「de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築」(2020)、「DeathLAB : 死を民主化せよ」(2018–2019/コロンビア大学大学院との共同企画)、「 死なない命 」(2017–2018)、「Ghost in the Cell : 細胞の中の幽霊」(2015 -2016/オーストリアのアルスエレクトロニカへ巡回)など。他館での企画に 「未来と芸術」(森美術館 、2019/企画協力)、「 国立科学博物館の相対性理論」( 国立科学博物館、2018/展示監修)など。2018年に表参道で開催した「 2018年のフランケンシュタイン : バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」(GYRE、2018)は200万人が 選ぶ東京のベスト展覧会1位に選ばれた。(TOKYO ARTBEAT)

『超複製技術時代の芸術:
NFTはアートの何を変えるのか?——分有、アウラ、超国家的権力——』 展

会期
2023年3月24日(金) - 5月21日(日) / 11:00 – 20:00
会場
GYRE GALLERY丨東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
お問い合わせ
0570-05-6990 ナビダイヤル(11:00-18:00)
主催
GYRE / スクールデレック芸術社会学研究所 / decontext
監修
飯田高誉(スクールデレック芸術社会学研究所所長)
企画
高橋洋介(decontext)
特別協力
Startbahn, Inc. / TART K.K.
協力
SCAI THE BATHHOUSE / Takuro Someya Contemporary Art / 一般社団法人スポーツ・オブ・ハート / スパイラル / 株式会社ワコールアートセンター
技術協力
DMM.make / 3RD GEAR
吹抜意匠制作
C田VA(小林丈人 + 髙田光 + 太田遼)
会場デザイン制作 / 機材協力
Artifact 株式会社
デザイン
乗田菜々美(graphic potato)
PRディレクション
HiRAO INC
PRESS CONTACT
HiRAO INC|東京都渋谷区神宮前1-11-11 #608
T/03.5771.8808|F/03.5410.8858
担当:御船誠一郎 mifune@hirao-inc.com
関連企画
冨永愛 × TOMO KOIZUMI
NFT 作品「Light of Life」に見る、ファッション・アパレルの未来