地球環境保全の取り組みについて

2019.06.04

GYREでは地球環境保全の取り組みとして、「グリーン電力証書」を購入し、
2019年4月よりGYREで使用する電力量の一部をグリーン電力(メガソーラー(太陽光発電))にてまかなっています。
また、メガソーラーのほか、バイオマス(動植物から生まれた生物資源)、石油に比べてCO2排出量の少ないLNG(液化天然ガス)を使用した火力発電等を採用する電力会社から電力の供給を受けることで、年間のCO2排出量を15%削減できることになりました。

今後も地球環境保全に繋がる取り組みを継続してまいります。

GYRE has begun purchasing green power certificates to reduce its load on the environment. This new initiative ensures that part of GYRE’s power usage is covered by green power from megasolar projects, starting April 2019.

In addition to using solar power, GYRE is reducing its carbon footprint by taking power from electric utilities that generate power using LNG (liquefied natural gas), which produces fewer CO2 emissions than oil, and biomass, a renewable carbon-neutral resource. These initiatives have enabled GYRE to achieve a 15% reduction in annual carbon emissions.

GYRE is committed to continue working to protect the global environment.