2019年4月19日、
「EYE OF GYRE」は「GYRE GALLERY」と名前を変えリニューアルオープン。

2019.04.15

2019年4月19日、「EYE OF GYRE」は「GYRE GALLERY」と名前を変えリニューアルオープン。

新たな「GYRE GALLERY」の空間を手掛けるのはGINZA SIXのコンセプトワークやMEDIA AMBITION TOKYOのアーティスティックディレクターを務める、JTQ谷川じゅんじ、空間の設計はスイスを拠点に活動する建築家 古代裕一とトーマス・ヒルデブラントが担当。新たなギャラリーのロゴデザインはvillage ®長嶋りかこが手がけました。

展覧会の企画はGYREの総合プロデュースを手掛けるHiRAO INC平尾香世子、 そして多くの展覧会を様々な美術館やギャラリーでキュレ―ションを行ってきたインディペンデントキュレーター飯田高誉がディレクターを務めます。

April 19th 2019, EYE OF GYRE reopens as GYRE GALLERY. Creative direction for the renewal and the new GYRE GALLERY space is by Junji Tanigawa of JTQ, who also handles concept work for GINZA SIX and is the artistic director for MEDIA AMBITION TOKYO. The space is designed by Yuichi Kodai and Thomas Hildebrand, architects who are based in Switzerland. The logo design for the new gallery is by Rikako Nagashima (village®).

Kayoko Hirao of HiRAO INC, the overall producer of GYRE, handles exhibition planning and curation, with direction by Takayo Iida, an independent curator with a powerful reputation derived from exhibitions curated at many different art museums and galleries.