【MoMA Design Store】
アイウェアブランドIZIPIZIとのコラボレーションサングラスを発売

2018.06.11

ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Storeは、2018年6月5日(火)より、アイウェアブランドIZIPIZI(イジピジ)と初のコラボレーションによる、ツートンカラーがスタイリッシュなサングラス3種を販売いたします。

IZIPIZI×MoMA初のコラボレーションモデルは、べっこうのフレームを引き立てるようにコーディネートされた、テンプル(つる)裏側のカラーがポイント。ファッショナブルなピンクとミント、モダンなブルーの3色はMoMAの新しいカラーパレットからセレクトされており、かけたり外したりするたび、楽しい気分にさせてくれます。

レトロな雰囲気のフレームは、テンプル先端にMoMAロゴ入り。
どんな形の顔にもよく似合い、優しい手触りに仕上げられ、どなたにも心地よく快適にフィットする柔軟なヒンジが使用されています。フェルトのメガネケース付き。


IZIPIZI×MoMA サングラス

About IZIPIZI

ベーシックで実用的ながら、カラフルでスタイリッシュなアイウェアブランドとして2010年にフランスで立ち上げられた『IZIPIZI』(イジピジ)。子供から大人まで、全世代に幅広く対応する、スタイリッシュなサングラスはどんな形の顔も引き立てるアイウェア・ブランドとして世界中で人気を博しています。

◎カラー 
べっこう/ブルー、べっこう/ピンク、グレイマーブル/ミント
◎発売日 
2018年6月5日(火)

About MoMA

ニューヨーク近代美術館(MoMA)は従来の美術館のあり方に飽き足らず、近代美術専門の施設が必要、と考えた当時進歩的で且つ影響力を持つ3人の女性、リリー・P.ブリス(Lillie P.Bliss)、アビー・オルドリッチ・ロックフェラー(Abby Aldrich Rockefeller)、メアリー・クイン・サリバン(Mary Quinn Sullivan)の発案によって1929年に設立されました。依頼、拡張を重ね、2004年11月には、日本人建築家、谷口吉生の設計により58,500平方メートルを擁し、従来の約2倍の収容力をもつ新生MoMAが誕生。今や年間250万人以上もの来館者が訪れ、NYで最も人気の高いランドマークと言われています。MoMAのコレクション(収蔵品)はモダンアートの殿堂と呼ばれるにふさわしく、絵画・彫刻、写真、建築・デザイン、版画・挿画本、ドローイング、フィルム・メディアの6部門に分かれ、世界最大の20万点を越すほどに成長しました。又、MoMAでは展覧会の他、幼児から専門家までの各層を対象に教育プログラムを実施して、モダンアートと触れ合うあらゆる機会を提供しています。

About MoMA Design Store

ニューヨーク近代美術館[The Museum of Modern Art(MoMA) ]初の海外出店は東京・表参道。
店頭に並ぶ約2000アイテムは、MoMAの代表的な商品と、限定商品を含む、美術館のコレクションを象徴するラインナップ。商品はNYの店舗同様、全てニューヨークの近代美術館のアートを選定するキュレーターによってセレクトされています。

MoMA Design Store 表参道
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
03-5486-5801
11:00~20:00
https://www.momastore.jp